2006年10月24日

レインボー

今日、戸締りをして出勤しようかと
窓へ行くと足足
なんと虹虹が出てるではありませんかexclamation
私自身、見たいと思いつつも、なかなか機会に巡り会えません。
偶然に巡り会えたとき、自然の美しさに時間を忘れます。
思わず、カメラでカメラ

DSCF1102.JPG

DSCF1103.JPG


パソコン
虹についてちょいと調べてみました。

虹(にじ)とは赤から紫までの光のスペクトルが
並んだ円弧状の光である。
太陽の光が空気中の水滴によって
屈折、反射されるときに、水滴がプリズムの役割をするため、
光が分解して複数色の帯に見える。
雨上がり、水しぶきをあげる滝、
太陽を背にしてホースで水まきをした時などに
良く見ることができる。

虹の色数虹の色の数は現在の日本では七色
(赤、橙、黄、緑、青、藍、紫)と言われるが、
地域・民族・時代により大きく異なり、
イギリスやフランスなどでは民間では六色
(赤、橙、黄、緑、青、紫)(学術的には藍を加えて7色)
といわれたりする。ドイツでは五色だという。
日本でも古くは五色、沖縄地方では二色
(赤、黒または赤、青)とされていた。
なお現代でもかつての沖縄のように明、暗の2色として捉える民族は多い。

古代中国では主虹は、「虹」(こう)とよばれ、
空に横たわる竜の一種とされていた。
またこれは雄とされ、対する副虹は雌であり「霓」(げい)と書かれた。

そして、日本に伝わる物の中には
虹の足元には宝が埋まっている。などがある。


exclamation埋まってるといいですねわーい(嬉しい顔)







ニックネーム kuu at 22:04| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント